チャットレディ初心者の人のための基礎知識

初心者のためのチャットレディ解説!

チャットレディは稼げるって言うけど、具体的にどうやってお金になるのかわからない…、チャットレディの登録から働くまでがどうやってやったらいいのかわからない…。

チャットレディの仕事はアダルトな印象があるためか、あまり大々的に広まっていなく、どうやって登録して、どうやって稼いでいくのかいまいちよくわからないという人もいると思います。

以上のような初めてチャットレディに興味を持った女性のために、当サイトではチャットレディの超優良サイトから、登録から、仕事始めまでの一連の流れをわかりやすく解説していきたいと思います♪

初心者にもかかわらずすぐに30万とか50万くらい稼ぎだしてしまうチャットレディになるためのコツだったりも紹介しています。

チャトレをやるときの必需品とは

最初に、チャットレディとして稼働するために必要なものを紹介します!

チャットレディに必ず必要といわれているものは、次の3点です。スマホ、ヘッドセットまたはマイク、ウェブカメラです。スマホチャットレディの人はスマホ1台でもかまいません。

そもそもチャットレディには通勤チャットレディと在宅チャットレディというものがありますが、通勤チャットレディはチャットルームにすべてそろっていますが、在宅チャットレディの場合はすべて自分で購入する必要があります。もちろん、今使っているものを使ってもかまいません。

ウェブカメラだけはチャットサイトや代理店のチャットルームで無料貸し出ししているところもあるので、初心者の人はまずレンタルから初めて見ましょう!

チャットルームに通う通勤チャットレディとして働く場合は、チャットに必要な電子機器以外にも、キャラクター作りのためのウィッグやコスプレ用の衣装などもすべてそろっているので、手ぶらで働きに行くことができます♪

チャトレがもらえる取り分

そもそもチャットレディというのはめちゃくちゃシンプルな仕事内容です。ただ男性会員と会話やメールをするだけなのです!

チャットレディの月収というのは、男性ユーザーがそのチャットレディに費やしたポイントに応じて決まります。なので、なるべく音声通話やテレビ電話やチャットやメールなどをしてくれればしてくれるほど、女性は潤っていくという仕組みになっています♪

少し前まではまだスマホが世に出回っている数が少なくて、性能も悪かったので、パソコンでのチャットレディが当たり前な時代もありました。

最近はスマホが普及したりハイスペックになったこともあり、スマホ一台で荒稼ぎしている女性もいます♪

チャトレとしてのお仕事をするときは、ライブチャットに直接チャットレディとして登録して稼働する方法と、代理店に登録してそこを経由して各チャットサイトで稼働する方法があります。

ライブチャットに直接契約する働き方と、代理店で仲介して働く方法には双方にメリットデメリットがあります。

直接契約では募集していないサイトでも、代理店契約の場合は契約出来たりするので、そういったメリットもあります。

また他にも、代理店契約のメリットには、スタッフによるアドバイスがあるというのもあります。わからないことは何でも聞いてかまいませんし、やり方なども教えてもらえます。

フルコミッション制の給料体系

チャットレディの仕事の報酬体系はコミッションとなっているので、男性ユーザーが会話してくれた分が報酬になります。

チャットレディはこういった報酬体系のため、上限なしで無限に稼ぐことができる計算ですが、逆に全く稼げないということもあります。

チャットしたときの報酬割合というのは、いろいろなサイトによって報酬率が違いますし、通勤チャトレか在宅チャトレかによっても違ってきます。

チャットサイトの中には、日払い対応しているところもあるので、日払いがいい、その日に報酬をもらいたいという人は、そういうサイトで稼働しましょう!

ちなみに、報酬割合もアダルトカテゴリーが一番高くて、ノンアダルトカテゴリーが低くなっているので、とにかく稼ぎたい人はなんといってもアダルトがおすすめです。

さらに、アダルトチャットレディというのは、報酬率が高いことはさることながら、男性のアダルト希望者が多いので、いくらでもチャットしてくれる人がいます。

収入面だけで言うと、ノンアダルトよりもアダルトの方がダントツで稼ぎやすいです。

また、通勤体系によっても報酬率が変わってきます。在宅チャットレディの方が1,2割くらい高く設定されています。

通勤チャットレディの方が報酬率が1,2割くらい低くなっているのは、チャットルームに使われている人件費や賃貸料や光熱費や電子機器類の費用などがかかってしまうからです。

また、報酬比率によって優良な代理店かどうかを見極めるラインというものがありますが、それは、在宅チャットレディの取り分が40パーセント以上あるかどうかです。40パーセントを下回っているところはおすすめできません。

在宅チャトレでも通勤チャトレでも働ける

チャットレディは家の中で働く在宅チャットレディも、通勤して働く通勤チャットレディもどちらでも好きな方で働くことができます。

基本的に通勤チャットレディというのは、代理店と契約したときしかチャットルームが使えませんが、在宅チャットレディは代理店でも直接契約でも働くことができます。

通勤チャットレディというのは、チャットルームの賃貸料や光熱費や機材などの費用がかかってしまうので、どうしても在宅チャットレディよりも報酬率が低くなっていまいがちです。

自宅でチャットレディとして稼働出来ない人や、仕事帰りにふらっと寄って気軽に稼ぎたい人は、無料で使えるチャットルームというのは大変便利です。

チャットの種類は二つあります。一つ目は2ショットチャットです。この方式はチャットレディと男性が一対一で行うチャット形式です。対してパーティチャットというのは、チャットレディと複数の男性がチャットをするという形式になっています。

さらに、2ショットチャットの中にも細かく分けることができて、男性自身の姿をウェブカメラに写して、チャットレディ側の女性に見えるようにすることを双方向チャットと言います。

ツーショットチャットでさえ高額なポイントがかかってしまうのに、さらに双方向チャットというのはポイントが高くなるので、あまり使う男性ユーザーはいません。使ったとしても短時間ですね。

パーティーチャットの雑談ですが、男性側は誰でも参加可能なので、誰かがしゃべっているのを無言でのぞいているだけという男性ユーザーもいます。

チャトレは確定申告しなくていい?

チャットレディは収入があるので、確定申告が必要な人もいます。

そもそも確定申告というのは、毎年2月から3月に行われる、一年間の収入を国に報告する手続きです。

会社員やパートの人は会社で勝手に計算して納税してくれますが、チャットレディは自営業なので自分で行う必要があります。

チャットレディ専業で、他に会社勤めなどをしていない人は年間の報酬額が38万円以上、副業でやっている人は20万円以上となっています。

チャットレディ専業でやっている人の場合は、年間の報酬額に対して基礎控除額が38万円あるので、38万円以内であれば確定申告する必要はありません。

どこかの会社に勤めていてパートなどをしている人の場合は、会社員の控除額が20万円となっています。

確定申告で必要な金額は、年間に稼いだ金額から、チャットレディをやるためにかかった通信費やヘッドセットやWebカメラなどの費用を差し引いたものになります。

チャトレをやる上でかかった衣装代やウィッグ代などは事細かに記録しておいて、すべて経費として計上しましょう!

親の扶養などに入っているときは、扶養の範囲を超えないようにしましょう。少しでも扶養を超えてしまうと、受けられる控除などが受けられなくなるので、注意しましょう。

チャットレディは雇用形式じゃない

そもそもチャットレディというのはどこからも雇われているという形式ではありません。

チャットレディというのは、業務委託という形なので、業務形態的に言うと、個人事業主という形になります。

チャットサイト側から振り込まれるお金は、給料という名前ではなく、報酬という名前になっているのは、業務委託という形をとっているからです。

チャットレディの業務形態は基本的にこういう形なので、源泉徴収がないのがあたりまえですが、源泉を引かれたという話も聞きます。

チャットサイトで働くと言うことは、基本的に業務委託なので、源泉が引かれていると言うこと自体がおかしい話です。

なので、報酬から何かが引かれていたり、源泉とか書かれていたりしたら、代理店なりチャットサイトなりに理由を聞いた方がいいでしょう。源泉という名の下にピンハネしている可能性もあります。

すべての人がチャトレになれる

美醜は関係ない

チャットレディは綺麗な顔立ちだったりとか容姿は関係なく働くことができます。水商売の筆頭であるキャバクラなどは、対面でやらなければいけないので、見た目がとくに重要視されます。

ほとんどの女性がチャットレディとして登録可能で、次の日から働けます。

女子高生は働けない

チャットレディは風営法というものがあるので、未成年の女性は働くことができません。

チャトレの仕事はれっきとしたビジネスなので、登録時には必ず年齢を確認出来る身分証明書が必要になってきます。

免許証や保険証などを、よくわからないチャットサイトに送るのはセキュリティー面からしていやだという女性もいると思いますが、怪しい中小のサイトならまだしも、10年以上の運営歴を誇る超優良サイトなら、安心して登録していいと思います。

大手の超優良なサイトは、昨今の個人情報保護の観点が強くなっている風潮で、セキュリティーが何重にも厳重になっているので、個人情報がもれるなんてことはほぼないでしょう。

とあるライブチャットサイトから個人情報がもれてしまったりなんてしたら、営業停止処分になってしまうこともあるので、厳重に管理しているという具合です。

チャトレとして登録して働き始めるまで

登録完了までの流れ

1,チャットサイトやチャットレディ代理店に登録問い合わせする

2,チャットサイトや代理店のスタッフと面接する

3,身分証を提示する

4,年齢確認がとれたら完了

5,プロフィールの細かい欄を入力する

チャットレディは家で完結できる!

1,チャットレディ登録フォームを使う

2,免許証などをアップロードする

3,年齢確認がとれたら登録完了

4,カメラテストがある場合もある

5,プロフィール欄の細かいところを埋める

通勤チャットレディをやりたい場合

通勤チャットレディと在宅チャットレディがあるのですが、在宅チャットレディはその名の通り自分の家でできますが、通勤チャットレディは代理店が経営しているチャット専用ルームに通勤する必要があります。

通勤チャットレディは代理店経由になりますが、登録方法にとくに違いはありません。

1,プロフィールの身長体重特技趣味などを決める

2,プロフィールが終わったら登録完了

3,チャットサイトや代理店からパスワードが発行される

4,ライブチャットにログインする

5,プロフィールの細かいところを埋める

6,トップ画像を選ぶ

在宅チャットレディの場合はこれらの登録方法を自分で実践する必要があります。

通勤チャトレの場合は、代理店の規模にもよりますが、稼ぐノウハウや、チャットしてもらいやすくなるプロフィール画像などを教えてもらえます。

通勤チャットルームの場合はスタッフが自動的に、趣味特技や自己PRなどを設定してくれるので、そういうのが面倒な人はおすすめです。

チャトレは簡単な女性専用の副業!

このページでは、チャットレディをまだ始めたことがない人にもわかりやすく、登録方法やメリットデメリットなどを解説してきました。

チャットレディというのは、女性であって成人していれば基本的に誰でも働けることができます。どこにすんでいても20代でも30代でも40代でも働くことができます。

チャットレディで一番稼ぎやすい組み合わせというのは、報酬率が1,2割くらい高くなっている在宅チャットレディで稼働することと、脱ぎありのアダルトチャットレディをやることと、ツーショットチャットばかりをすることですね。

当サイトでは、チャットレディに関する情報をいろいろ発信しています。チャットレディの稼ぎ方のテクニックだけではなく、細かい会話のテクニックなどもあるので、参考にしてみてください。

↑ PAGE TOP